コラム

思いを伝えたい『伝われば良いですね』

ホームページをリニューアルしました。

そこでコラム的な文章を定期的に配信していくことになりました。今回が一回目とのことになります。

自由な表現で良いわけですが読まれた方が少しでも明るくなったり、なるほどと参考になったりすることが良いかと思っています。

今回はホームページについて記していきます。ホームページは一般的にはどのような思いでどのようなことに取り組んでいるかを気軽に配信できるステージであります。齋藤木材工業の思いと取組を表現しているわけです。

『思い・取組』とは経営理念に表現しています。経営理念は企業にとって最も大事なことと私は思っています。ホームページのリニューアルに合わせて今までの経営理念を分かりやすく覚えやすい表現としました。

今までの経営理念とは『環境に貢献する木材、緑豊かな山を次の世代に繋ぐ森林サイクルを実現するため、木材の価値を高め、独自資源を保有した小さな大企業として100年企業を目指そう、そして働き甲斐を持ち生活の基盤を確実にしよう』です。分かるかと思いますがずらずらと流れてしまいますね。そこで、同じような内容ですが体裁良くなったと思っているのが下記です。

『 人  技  繋 』

人 常に社会に信頼され社員に役立つ企業を目指します。

技 木のみらいを築くための技術を積み重ねていきます。

繋 環境に重要な木材資源を次の世代につないでいきます。

上記の思いは特に共に歩んでいる社員に重きを置いています。また、齋藤木材工業は国産材100%の集成材を提供していますので、日本の森林資源の循環に取り組む使命を持っています。そのための技術が必要になります。当社のスローガンで『技術でつなぐ木のみらい』があります。

現在の最先端技術は都市部に木造ビルを実現させています。長年の技術工夫の積み重ねで実現してきています。合言葉がありますカラマツ集成材で「都市と信州の森をつなごう!」です。

唐松を植樹

唐松林

唐松耐火集成材

今後も当社の取り組みに期待してください。

TOP